💰

ホームページ制作の平均費用と料金相場

相場は最低20万円から

 
発注内容や発注先によっても費用は変動しますが、基本的にホームページ制作の相場は20万円から。とはいえ、さまざまな機能を充実させれば50万円、100万円、さらには200万円以上かかるケースもあります。
 
しかし、制作費20万円でも難しいという方もいるでしょう。 その場合、CMSを活用してホームページ制作を行う会社がおすすめ。 WordPressをはじめとするCMSを活用しながら制作する場合、いちから制作するよりも大幅にコストカットが可能です。場合によっては、無料ツールを用いて自分で作成することもできます。
 

ホームページ作成内容の例【価格帯別】

一概に相場を申し上げにくいのですが、ざっくりお伝えすると表のようになります
相場感サイトを作る目的こんなあなたにおすすめ
低価格帯〜30万円・テンプレートを制作 ・CMSで制作 ・画像やテキストは依頼者側で用意 ・10ページ以内で制作・費用を抑えたい方 ・短い納期で依頼したい方
中価格帯30万〜100万・オリジナル性が高いWEBサイト ・要望に沿ったデザイン ・素材を用意してくれる・中小企業向け ・運用まで委託したい方
100万〜200万・戦略的に効果の高いWEBサイトの制作 ・トレンドのコンテンツやデザインが可能・大手向け ・規模の大きなポータルサイト、コーポレートサイトを制作したい方
高価格帯200万〜・プロが手がける完全オリジナルデザイン ・SNSとの連動が可能・自社で複数ブランドのサイトを制作したい ・オリジナルのホームページを制作したい ・若年層がターゲットである
 
大まかな価格帯ごとに各予算対の特徴と注意すべき点についてお伝えします!
 

(1)低価格帯の特徴

表の通りホームページ制作の平均相場は85万円ですが、500社以上の企業がその半分以下となる30万円までの予算で発注しています。 こうした低価格帯での発注の場合、ホームページはおおむね10ページ以内に収まることが多く、案件としては簡易的なコーポレートサイトやオウンドメディアが中心。制作会社としてもそれほど手間はかけられないので、多くの場合、制作素材(ホームページに掲載する画像や文章)は発注者側で用意する必要があります。 CMSにあらかじめ用意されているテンプレートデザインを使用すれば、制作費用を3万円~10万円ほどに抑えることが可能です。 さらに、テンプレートを使用しますので、製作期間が短いのもCMSの利点です。安価で短納期のホームページを作成したい方は検討してみてはいかがでしょうか。 ただし、デザインはCMSにもともと備わっているテンプレートデザインのみに限られるため、デザインで他社と差別化を図りたい方には注意が必要です。
 

(2)中価格帯の特徴

予算の枠を100万円まで広げると、コーポレートサイトや採用サイト、ECサイトまであらゆる種類のwebサイトを制作することが可能です。 制作会社によっては予算内で取材や撮影まで請け負うため、発注者が素材を用意しておく必要はありません。また、月1回の更新作業など、簡易的な運用・保守サービスが付いてくる場合もあります。
 

(3)高価格帯の特徴

全体の割合としては少なくなるものの、ページ数や実装する機能によっては制作費が100万円を超えることもあります。案件例としては、数十ページ以上に及ぶコーポレートサイトやポータルサイト、100種類以上の商材を取り扱う本格的なネットショップなど。 また、詳しくは後述しますが、代理店を経由してホームページ制作を依頼する場合、マージンが上乗せされるため、トータル100万円以上の費用がかかることが多いようです。
 

価格帯が大きく変更する理由

目的によって金額は変わります。 名刺がわりの1〜2ページで構成されたホームページは10万円以下で簡単に作ることが可能です。しかし、SEO対策がきちんと施されたWEB集客用のホームページとなれば、3倍以上の値段がかかります。
その他、フルオリジナルのデザインでデザインで製作するのか、大手の企業あるいはフリーランスに依頼するのかという制作会社の規模によっても金額が変わってくることも覚えておきましょう。